3/4 北越急行ほくほく線 美佐島駅~しんざ駅間 人身事故 トンネルで発生

トンネル内で男性はねられ死亡

 4日午後4時ごろ、十日町市猿倉の北越急行ほくほく線赤倉トンネル内で、十日町市の30代無職男性が直江津発六日町行き普通列車にはねられて死亡した。乗員乗客57人にけがはなかった。

 十日町署によると、現場は美佐島駅からしんざ駅方面に向かって約100メートルの地点。

 北越急行によると、運転士が線路上に人が横たわっているのを見つけ、非常ブレーキをかけたが間に合わなかった。この事故の影響で普通列車7本が運休または区間運休した。

http://www.niigata-nippo.co.jp/news/national/20160304239258.html

「音の駅」近くでひかれて死亡

廃止となった特急列車の通過する際の音が鉄道ファンの人気を集めていた北越急行の駅近くのトンネルで、人が列車とぶつかり死亡する事故が起き、警察が状況を確認しています。

4日午後4時ごろ、十日町市にある北越急行の地下駅、美佐島駅付近で、上りの2両編成の普通列車の運転士から「人とぶつかったようだ」と警察に連絡が入りました。
現場は美佐島駅から隣のしんざ駅に向かう途中のトンネルの中で警察などが確認作業を進めた結果駅から100メートルほど離れた場所で人が列車とぶつかり死亡しているのが確認されました。
美佐島駅は地下にあるだけでなく、北陸新幹線の開業に合わせて廃止となった特急「はくたか」が通過する際の風を切る音が鉄道ファンの人気を集めていた駅です。
警察では身元の確認を進めるとともにトンネルの中に人が入っていた状況を調べています。
この影響で、北越急行は六日町と十日町の間の上下線で2時間近くにわたって運転を見合わせましたが、現在は上下線とも運転を再開しています。

http://www3.nhk.or.jp/lnews/niigata/1033428681.html


LINEで送る はてな


コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント