8/9 中央線 国分寺駅 人身事故 酔った大学生が転落してはねられ死亡した


 東京のJR国分寺駅で9日夜、男子大学生がホームの下に転落し、入ってきた電車にひかれて死亡しました。

 JR国分寺駅で午後8時20分ごろ、国立市の大学生・兼松亮昌さん(22)がホームの下に転落し、入ってきた中央線の電車にひかれました。兼松さんは病院に搬送されましたが、約1時間後に死亡が確認されました。警察によりますと、兼松さんは家族と食事をした帰りで、ホームには両親と妹もいました。家族によりますと、兼松さんは酒を飲み、酔っていたということです。駅の防犯カメラには、兼松さんが転落した3秒後に電車が入ってくる様子が映っていました。

LINEで送る はてな


コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント