3/24 千葉都市モノレール線 千城台北駅 人身事故 警察が現場検証

千葉都市モノレールで初の人身事故 千城台北駅、20代男性軽傷

 24日午前7時15分ごろ、千葉市若葉区千城台北1の千葉都市モノレール千城台北駅構内で、20代男性が進入してきた2号線千城台発千葉みなと行き上り電車(2両編成)に接触した。男性は左肘などに軽傷を負い、病院に搬送された。乗客約70人にけがはなかった。

 千葉東署は防犯カメラの映像などから、男性が自殺しようとした可能性が高いとみて、男性から事情を聴くなどして詳しい経緯を調べている。

 千葉都市モノレールによると、1988年に営業運転を開始して以来、初の人身事故。電車は午前7時55分ごろに全線で運転を再開。上下2本が運休し、上下86本が最大約48分遅れ、乗客約1万7千人に影響した。

http://www.chibanippo.co.jp/news/national/313061


LINEで送る はてな


コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント