4/7 身延線 鰍沢口駅~市川大門駅間 人身事故 男性死亡

身延線に立ち入り 男性死亡

7日夜、市川三郷町のJR身延線で線路に立ち入っていた男性が列車にはねられて死亡し、警察が事故の状況を詳しく調べています。

7日午後7時、市川三郷町下大鳥居のJR身延線で、線路内に立ち入っていた男性が静岡行きの上りの特急列車にはねられました。
警察によりますと、男性は即死の状態で、まもなく死亡が確認され、年齢は60代から70代とみられるということです。
運転士が線路内の男性に気付いて急ブレーキをかけたものの間に合わず、衝突したということです。
列車にはおよそ60人の乗客が乗っていましたが、けがはありませんでした。
警察は、運転士から話を聞いて事故の原因を詳しく調べています。
この事故の影響で、JR身延線は市川三郷町の鰍沢口駅と市川大門駅の間の上下線で、およそ1時間40分にわたって運転を見合わせました。

http://www3.nhk.or.jp/lnews/kofu/1044347281.html


LINEで送る はてな


コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント