5/13 山陰本線 揖屋駅 人身事故 男性死亡

山陰線で男性死亡 千人に影響

13日昼前、松江市のJR山陰線の踏切で、男性がはねられて死亡し、警察は目撃者の話などから自殺の可能性があると見て調べています。山陰線は1時間余りに渡って運転を見合わせおよそ1000人に影響が出ました。
13日午前11時半頃、松江市東出雲町揖屋の踏切で男性が岡山発出雲市行きの特急「やくも」にはねられ死亡しました。
警察によりますと、死亡したのは近くに住む無職の28歳の男性で目撃者の話や列車に設置されていたレコーダーの映像などから自殺の可能性があると見て調べています。
乗客およそ100人にけがはありませんでした。
山陰線は、午後1時前に運転を再開しましたがJR西日本米子支社によりますとこの影響で普通列車2本が運休し特急列車2本も部分運休するなどダイヤが乱れおよそ1000人に影響が出たということです。
山陰線は、現在は平常通り運行しているということです。

http://www3.nhk.or.jp/lnews/matsue/4035287481.html


LINEで送る はてな


コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント