鳩山邦夫 十二指腸潰瘍の病気により死去 恐ろしい事実が判明

訃報。鳩山由紀夫元総理の弟で総務大臣を務めた鳩山邦夫衆院議員が死去。67歳。
体調を崩し、入院していた東京都内の病院で亡くなった。
以前、健康管理の一環としてやせたと報道されたが、あまりにもやせすぎなのである。
激やせしていたために病気が疑われている。
十二指腸潰瘍が原因と判明。
総務大臣でも病気には勝てない恐ろしい。

鳩山邦夫1

鳩山邦夫2

鳩山 邦夫(はとやま くにお、1948年(昭和23年)9月13日 – )は、日本の政治家。自由民主党所属の衆議院議員(13期)。「邦」の字体は、偏の縦の払いが上にはみ出ないのが正式とされる。

文部大臣(第116代)、労働大臣(第59代)、法務大臣(第79・80代)、総務大臣(第10代)、内閣府特命担当大臣(地方分権改革)、民主党副代表、裁判官訴追委員会委員長、地方創生に関する特別委員会委員長等を歴任した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%B3%A9%E5%B1%B1%E9%82%A6%E5%A4%AB


LINEで送る はてな


コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント