宇都宮線 野木駅~間々田駅間で踏切事故 立ち往生した車に貨物が突っ込む

貨物列車と軽トラック衝突、男性死亡 野木

 24日午後6時35分ごろ、野木町潤島のJR宇都宮線間々田-野木間の踏切で、軽トラックが宇都宮貨物ターミナル発広島貨物ターミナル行き上り貨物列車と衝突した。踏切内にいた同所、農業男性(76)が衝突した軽トラックにぶつかり、全身を強く打って間もなく死亡した。

 小山署などによると、現場は警報機と遮断機のある星の宮踏切。署で事故原因を調べている。

 JR東日本によると、宇都宮線は東京-宇都宮間の上下線で一時運転を見合わせ、午後8時32分に運転を再開。宇都宮線計6本が運休、宇都宮線と湘南新宿ライン計14本が最大1時間55分遅れ、約4万人に影響した。

http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20160624/2366108


LINEで送る はてな


コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント