群馬高専 アカハラ問題 自殺者続出 市民団体が訪問

群馬高専 2年で学生3人死亡 自殺か 心のケアを充実

 群馬高専(前橋市鳥羽町、西尾典真(よしちか)校長)の3人の男子学生が2014年1月から今年1月にかけて死亡していたことが16日、関係者への取材で分かった。

 2人は自殺の可能性が高く、1人は事故か自殺か不明という。同校は学生の心のケアの充実など、自殺防止対策を強化している。

http://www.jomo-news.co.jp/ns/2914660938888194/news.html


LINEで送る はてな


コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント