中岡亜樹子容疑者逮捕 女児は左目裂傷や左手骨折 飼い犬が女児にかみついたのに救護せず立ち去った

1:

飼い犬が女児にかみついたのに救護せず立ち去ったとして、和歌山県警御坊署は15日、
同県御坊市湯川町小松原の主婦、中岡亜樹子容疑者(32)を過失傷害、
保護責任者遺棄などの容疑で逮捕した。女児は左目裂傷や左手骨折など重傷を負った。

逮捕容疑は昨年9月3日午後4時35分ごろ、自宅近くの神社で飼い犬(体長約70センチ、
体重約35キロ)をリードなどでつながずに散歩中、犬が小学2年の女児の顔などにかみついたにもかかわらず、
救護活動をせずに犬を連れて立ち去ったとしている。

同署によると、中岡容疑者は「放しっぱなしにはしていない」などと容疑を否認している。
狂犬病の予防注射はしていなかった。女児は犬に触ろうとして近づいたという。【矢倉健次】

 


2:

>左目裂傷

これきっつわ

 

3:
飼い主を殺処分

 

4:
飼い主も殺処分で

 

5:

>女児は左目裂傷や左手骨折など重傷を負った。

思ってた以上に凄い

 

6:
ほんと犬飼ってるやつはゴミばかりだよな

 

7:
今どきリードもつけずに散歩なんてキチガイだろ
排泄物の始末もしてるか怪しい

 

8:
失明なら飼い主の目を移植するべき。

 

9:
犬や猫に無闇に近付くなんてどうかしてる。
畜生の考えてることなんて人間様に分かるかよ。

 

10:
リードつけろよバカマンコ

 

11:
飼い主の目も潰しておk

 

12:
刑事では50万以下の罰金だろうけど、
いい弁護士やとって民事ではがっつり取らないとダメだね。
2歳で片目か・・・

 

LINEで送る はてな


0 Responses to “中岡亜樹子容疑者逮捕 女児は左目裂傷や左手骨折 飼い犬が女児にかみついたのに救護せず立ち去った”

  1. 匿名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    Facebookがある
    https://ja-jp.facebook.com/akiko.oonishi.16

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント