一橋大学の事件 ゲイの男子学生がセクシュアリティをバラされて自殺 すごいことになっている模様

自殺した法科大学院生の遺族、大学などを提訴

 去年、自殺した一橋大学法科大学院の男子学生の遺族が、生前、同性愛者であることを同級生に暴露され、精神的苦痛を受けたなどとして、同級生と大学を相手取り、損害賠償を求める訴えを起こしました。

 訴状などによりますと、去年8月に自殺した一橋大学法科大学院の男子学生(当時25)は、去年4月、自分が同性愛者であることを同級生の男性に伝えたところ、「LINE」を通じて友人に暴露されたということです。両親は男子学生が生前、同性愛者であることを暴露され、「精神的苦痛を受けた」「大学には安全配慮義務違反がある」として、同級生と一橋大学に、合わせて300万円の損害賠償を求めて提訴しました。

 一橋大学は、「立場は法廷の場で明らかにしたい」とコメントしています。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20160805-00000206-jnn-soci


LINEで送る はてな


コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント