8/12 阪急京都本線 富田駅~総持寺駅間 人身事故 踏切に倒れている人が見える

阪急電車の踏切で自転車と接触、高齢男性けが 9万7千人に影響

 12日午前11時55分ごろ、大阪府高槻市昭和台町の阪急京都線富田-総持寺間の赤大路踏切で、河原町発梅田行き準急電車(8両編成)が、自転車に乗った状態で線路内にいた近くの無職男性(83)を発見。非常ブレーキをかけたが間に合わず、自転車に接触した。男性は衝撃ではね飛ばされて頭や腕などに軽傷を負ったが、命に別条はないという。乗客約300人にけがはなかった。

 大阪府警高槻署によると、男性は遮断機が降りる前に踏切を渡り始めたが、渡りきれずに取り残されたとみられる。

 阪急電鉄によると、この影響で上下33本が運休したほか、最大48分の遅れが出て約9万7千人に影響した。

http://www.sankei.com/west/news/160812/wst1608120088-n1.html


LINEで送る はてな


コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント