「死体を透明に」埼玉愛犬家連続殺人事件が残虐すぎて気分悪くなった アフリカケンネルの関根元

:
容疑者の殺人哲学
世の中のためにならない奴を殺す
すぐに足がつくため、保険金目的では殺さない
欲張りな奴を殺す
血は流さないことが重要
死体(ボディ)を透明にすることが一番大事

:
「鼻歌交じり」に「主婦が刺身でも切っているみたい」に被害者の遺体を「スライス」し
骨や所持品をドラム缶で焼却。肉片や焼いた骨灰や所持品などを国有林に遺棄した。

:
埼玉愛犬家連続殺人事件(さいたま あいけんかれんぞくさつじんじけん)とは、
1993年(平成5年)に日本の埼玉県熊谷市周辺で発生した殺人事件。
完全犯罪を目論んだ残忍な結末が明らかになるなど異常性の高い事件であった。

:
平成7年1月5日、埼玉県警は埼玉県・熊谷市のペットショップ「アフリカケンネル」経営の関根元(当時53歳)と元妻で共同経営の風間博子(当時38歳)の2人を死体遺棄の疑いで逮捕した。

:
関根は犬の繁殖場の建設で1億4000万円の借金を抱えていた。そこで、なりふり構わず不当な価格で犬の販売を行った。平成6年4月、産廃処理会社経営・川崎昭男(当時39歳)に対して実際は数十万円のアフリカ産の犬を1000万円で売りつけた。後日、購入した犬が時価数十万円程度であることを知った川崎は関根に代金の返済を求めた。

:
そこで、関根は川崎を呼び出して栄養剤だと偽って犬薬殺用の「硝酸ストリキニーネ」入りのカプセルを飲ませて殺害した。硝酸ストリキニーネは、知人の獣医に「犬を安楽死させるため」と偽り50人を殺害できる量の5グラムを譲り受けていた。

:
この殺害を知った暴力団幹部・遠藤安亘(当時51歳)とその運転手・和久井奨(21歳)を口封じのため7月に殺害。8月末には、主婦・関口光江(当時54歳)に犬の販売トラブルで殺害した。いずれも「硝酸ストリキニーネ」を飲ませて殺害し、群馬県片品村にある犬飼育場に遺体を運び、風間と2人で浴槽にて包丁でバラバラにした。また、同社の元役員・志麻永幸(当時38歳)に依頼して細切れにした肉片は川に棄て、骨はドラム缶で焼き、残った骨灰は近くの山林に棄てた。

:
:
関根元
1942年(昭和17年)1月、埼玉県秩父市生まれ。「アフリカケンネル」の創業者で、実質的な経営者。
ペットや猛獣の扱いにかけては天才的で、ブリーダーとしての腕は非常に優秀だった。
シベリアン・ハスキーブームの仕掛け役、アラスカン・マラミュートの第一人者とまで言われた、業界の有名人。

:
かつては故郷の秩父市で、ペットショップや動物リース業を営んでいた。しかし、売った犬を盗んで別の客に売ったり、殺して新たな犬を売りつける等、当時から悪質な商売を繰り返していた
。また、トラやライオンなどの猛獣も扱っており、近隣住民から恐れられ、嫌われていた。
その後、付き合いのあった暴力団とのトラブルなどが原因で、一時期静岡県伊東市に姿を眩ますが、1982年(昭和57年)、埼玉県熊谷市で「アフリカケンネル」を開業した。

:
人間心理を読むことに長けており、ヤクザのような風体とは裏腹の、独特なユーモアと巧みな話術に引き込まれる人も多かった。その一方で、前述のようなあくどい商法や、顧客に対する脅し、暴力団関係者との交友などから、深い関わりを避ける同業者も多かった。

:
また、虚言癖があり、自分が異端の経歴を持つ資産家であるよう装っていた。周囲の知人や店の客に対してばかりでなく、著名なブリーダーとして雑誌やテレビの取材を受けた際にも、同様の虚言を弄し、店の宣伝に大いに利用していた。ヤクザの金に手をつけた事情で左手の小指を詰めているため、左手の小指がない。

:
「若い頃、どうすりゃ金が手に入るのか考えたもんだ。いくら考えても結論は一つしか出なかった。金を持っている奴から巻き上げて、そいつを消す。捕まんなきゃ、これが一番早い。だが、殺すのはいいとしても、問題は死体だ。これが悩みの種だった」

:
関根元は「殺しのオリンピックがあれば、俺は金メダル間違いなしだ。殺しのオリンピックは本物のオリンピックよりずっと面白い」
「そのうち、俺は殺しの世界で一番の男になりたいと思うようになった。人間なんでも一番にならなきゃ駄目だ。殺しにかけては俺がいまナンバーワン」
「死体がなければただの行方不明だ。証拠があるなら出してみろ。俺に勝てる奴はどこにもいない」
「最初は俺も怖かったが、要は慣れ。何でもそうだが、一番大事なのは経験を積むこと」
「臭いの元は肉だ。そこで透明にする前に骨と肉をバラバラに切り離すことを思いついた」
「骨を燃やすのにもコツがいる」などのコメントを残している。

:
ボディを透明にすると呼んだ残虐な遺体の処理方法である。遺体は風呂場で解体された。
骨・皮・肉・内臓に分けられた上、肉などは数センチ四方に切断。骨はドラム缶で衣服や所持品と共に、灰になるまで焼却され、それらは全て山林や川に遺棄された
遺体を埋めても骨は残ることから、焼却してしまう。
しかし、遺体をそのまま焼くと異臭が発生するため、解体して骨のみを焼却したという。
燃え残りが出ないよう、1本ずつじっくり焼くという念の入りようであった。
このことについて『面白い・楽しい』と供述したと、話しており、快楽殺人ともとれる。


:
元々犬のペットショップを始めたのは、死体の肉を犬に食わせるため
といわれている
骨の処分に困ってじっくり焼くのがいいということになった

:
死体(ボディ)を透明にすることが一番大事
意味不

:
死体を消せって事だろ

:
冷たい熱帯魚の元ネタだな
「ボディを透明にしろ」
「俺は殺しのオリンピックがあったら金メダル間違いなしだ(笑)」

:
など名言がいっぱい
この事件知ってから
俺は得意先でもどこでも出された飲み物絶対飲まなくなった

:
夫婦そろって風呂で死体をサイコロステーキ状の肉片に切り刻んで
ビニールにつめて川に流してた
妻が中村美律子の曲を鼻歌で歌いながら切り刻んでいたらしい

:
当時、夫婦で骨から肉を剥ぎ取る描写が、週刊誌に載ったな。

だんだん脂肪で刃物が切れなくなってくることとか、男性の一物を
切る時は、妻が夫に頼んだとか。

:
当時から愛犬家と報道されていたが
たんなる犬を金儲けの道具としかみていない
やつで愛犬家ではない

:
この事件の小説とマンガ読んだけど
酷過ぎるよな

風呂場で人間か解体して、ドラム缶で燃やして、灰を川にバラまく
関根は北九州監禁殺人事件の松永や宅間に匹敵する基地外殺人鬼だな

:
死体損壊でパクられた共犯者が書いた本読んだよ
解体する前に死姦したらしい
気持ちいーんだとさ

:
ていうか熊谷でこんな事件あったのか

:
本庄住まいだけどいいところなのにこのイメージが流布しすぎて非常に不愉快

:
当時もかなり衝撃的な事件だったけど
地下鉄サリンの事件と同時期で今ひとつ霞んでるんだっけか

:
オウムの前年はこの事件一色だったよ
震災とオウムで消しとんだ

:
地下鉄サリンとか震災で一気に忘れられたでかい事件って結構ありそう
俺この事件があった翌年にこの付近にある大学に通ってたんだけど

:
夜にここの前を通ると何とも言えないくらいに不気味な雰囲気があった
この事件に限ったことじゃないけど熊谷は治安悪かった

:
逮捕された後はえぐ過ぎて報道もトーンダウンした

LINEで送る はてな


One Response to “「死体を透明に」埼玉愛犬家連続殺人事件が残虐すぎて気分悪くなった アフリカケンネルの関根元”

  1. 匿名 より:

    病死したらしい
    これで終わりか

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント