仙台空港で小型機 航空大学校の訓練機が胴体着陸する事故 滑走路が閉鎖

仙台空港で小型機が胴体着陸 火災・けが人の情報なし

宮城県の名取市消防本部によりますと、25日午後1時40分ごろ、仙台空港から「小型機が胴体着陸した」と通報があったということです。今のところ火災やけが人の情報はないということです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160825/k10010653691000.html

東京航空局によりますと、胴体着陸したのは小型の飛行機で、航空大学校の訓練機だということです。
仙台空港事務所によりますと、この影響で滑走路が閉鎖され、旅客機の離着陸ができなくなっているということです。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160825/k10010653691000.html

仙台空港滑走路で訓練機停止

仙台空港によると、滑走路で航空大学校の訓練機が何らかのトラブルで止まった。火災やけが人はないという。

http://this.kiji.is/141409516729352200?c=39550187727945729


LINEで送る はてな


One Response to “仙台空港で小型機 航空大学校の訓練機が胴体着陸する事故 滑走路が閉鎖”

  1. 匿名 より:

    航空大学校の訓練機か
    めったにできない訓練だな

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント