樋口英明裁判長は非常に常識的な判決を下した

まともに情報が出ていないのに
動かすわけにはいかないのである



もっと苦しむべきなのである
もっと汗を流すべきなのである

LINEで送る はてな


0 Responses to “樋口英明裁判長は非常に常識的な判決を下した”

  1. 匿名 より:

    SECRET: 0
    PASS: 011ecee7d295c066ae68d4396215c3d0
      呪われた判決
    裁判官.樋口英明は、高浜原発に対して、 「合理性がない」・「人格権が侵害される危険性がある」 などとして3,4号機の仮処分決定を下した。
    裁判官.樋口英明は、法と人権を重んじる立派な裁判官でありましょうか?
    そうではないはずです。
    裁判官.樋口英明は、別訴で、「訴訟の場には虚偽は到底許される」 との判決を被害者に言い渡したのです。(※1)
    言うまでもなく、万が一にも虚偽事由などが許されることなどありません。(再審事由)
    今回、原子力規制委員会の田中俊一委員長からは、当仮処分内容には 「事実誤認がいっぱいある」 と指摘されているようですが、裁判官の「虚偽は正当」 との基準からすれば、その様な指摘が出てくることは当然のことでもありましょう。
    裁判官.樋口英明は、嘘の主張で対立させて争わせて、何を判断するというのでしょうか。
    法廷で嘘をつかないように「宣誓」 までさせておきながら、何故、「訴訟の場には虚偽は到底許される」 と言えるのでしょうか。
    裁判官.樋口英明は、法と国民を愚ろうし社会秩序を乱す国賊ではないのでしょうか。
     (※1) 福井弁護士会所属の弁護士(2名)は、「虚偽を依頼者に教唆し事由としたことを滑らせて自白した」、 しかし、その後、 「虚偽.侮辱することは正当な弁護士業務だ」 と主張し続けて罪を重ねた。(弁護士3名、他多数) 
      裁判官は、自白を裁判の基礎とせずに(基本原則違反)、「訴訟の場には虚偽は到底許される」 と判決したのである。
      結果、福井弁護士会の弁護士3名(多数)は、今もこの主張を撤回しょうとせず、被害者に恐怖の日々を与えている。
    裁判官.樋口英明は、被害者の苦しみを知りながら、恣(し)意的に侮辱する行為(人権侵害:国際法違反)を良しとし、訴訟詐欺を認めているのである。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント