しくじり先生 のむらしんぼ 現在とパクリ疑惑を語る つるピカハゲ丸作者

「つるピカハゲ丸」で知られるのむらしんぼが、本日8月29日に放送される「しくじり先生 俺みたいになるな!! 3時間スペシャル」内の企画「しくじり課外レポート」に登場する。

過去に大きな失敗を体験した著名人から“しくじり”が語られる同番組。「しくじり課外レポート」では、普段は“担任”として出演しているオードリーの若林正恭が教室を飛び出し、のむらのもとへ訪れる。若林も思わず絶句する、のむらの壮大な“しくじり”とは。気になる人は番組をチェックしよう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160829-00000026-nataliec-ent

「つるピカハゲ丸」作者・のむらしんぼ氏 2億円稼いだ後の転落人生

1日深夜放送の「中居正広のミになる図書館」(日本テレビ系)で、漫画家・のむらしんぼ氏が、現在の転落ぶりを告白する場面があった。

のむら氏は「コロコロコミック」(小学館)で連載したギャグ漫画「つるピカハゲ丸」で大ブレイクを遂げ、年収はピーク時で6000万円台に達し、その後のアニメ化で2億円近い収入を手にしたという。

ところがその後、のむら氏の状況は一変する。番組には現在のむら氏を担当する「コロコロアニキ」編集部の石井宏一氏が登場し、「のむらしんぼ先生は、全盛期に手にしていた家も貯金も財産もすべて失った寂しい人生を送っています」と明かしたのだ。

のむら氏の人生が暗転したのはバブル崩壊がきっかけだった。稼いだ印税で自宅以外に7000万円のマンションを購入したが、不動産価格はすぐさま大暴落。購入後、マンションの評価額は半年で3500万円、売却時には2800万円にまで落ち込み、資産を大きく減らしてしまった。

「ハゲ丸」の人気も次第に落ちていき、95年には連載終了となった。ただ、のむら氏は「これまた売れてウハウハだ」と新作執筆に余念がなかった。

しかし、描いても描いても作品はヒットせず、仕事も減る一方で、ついに生活費が底を尽くことに。仕事場の家賃を滞納し続け、その額は325万に膨れ上がった。

その状況に追い打ちをかけるように、妻には離婚を切り出された。妻はのむら氏の仕事場を訪れ、「ハゲ丸」グッズの入った風呂敷包み2つを「あなたの全財産」と称して渡すと、「漫画と心中してください」と言い残し、去っていったという。

こうしてのむら氏は転落していく。「ゴミ溜め」と自嘲する自宅兼仕事場は築29年の1LDK、家賃は9万3000円だという。のむら氏は「洗い物は減らして洗剤を節約」「コーヒーは1杯分の豆で3回飲む」といった、自身の節約術も披露した。

「ハゲ丸」の担当編集者が声をかけ、のむら氏は現在、「ハゲ丸」の4コマ漫画を連載中だ。60歳になった今なお創作意欲は衰えを知らず、「描きたい、描きたい」と漫画への情熱を口にしていた。

http://news.livedoor.com/article/detail/11245346/


むしろ小林よしのりが出るべきだ
左翼に引っ付いたはいいが選挙全敗で今必死に保守アピール中という無残
この人の失敗談
色んな番組でやったから既に新鮮味ゼロだろ
ヒット作飛ばして今でも漫画家続けてどこがしくじり
のむらしんぼは漫画家からすりゃ大勝ち組だけどな
世の中の99%の漫画家はのむらしんぼの域まで行くことすら出来ない
しくじり先生に出てるのが

全然しくじってない件

だんだんネタがなくなってきたか
いや、ASKA、清原、ショーンK、ベッキー、高畑、乙武と人材豊富だけど
いろいろ難しいか
ツルピカネタでまだ食ってるんだから頭が下がる
とどろけ一番が途中でボクシング漫画になったのが最大のしくじりだろ
「つるピカハゲ丸」と「おぼっちゃまくん」が記憶の中でごっちゃになってる
なんかあったな程度でどっちの内容も覚えてないけど
ハゲ丸くん終了のあとに書いた漫画がことごとく当たらず早期に打ち切りになって結局またハゲ丸くん書いてるんだっけ
マンガでも描いてたな
母親と子供がクソだと思った
バブル時代だからギャグになったが
今じゃ貧乏が増えて洒落にならないな
やっぱり、この路線で食っていくつもりなんだ
大人向け週刊誌の連載とかも獲得できそう
しくじりも何も
途中でネタが浮かばなくなったうけなくなった
一発屋で終わった ヒットも軽いヒットだしそんな漫画家溢れてるから明らかに捨て回
ニメハゲ丸君の裏番組がドラゴンボールだったな
干されてたときでも年収300万くらいはあったらしいな
才能がないのに漫画家に留まろうとしたのがしくじり
金がある時に転職するべきだった
実はこの人ずっと仕事があった
漫画家の中ではすごく恵まれているほう

ほとんどの漫画家は仕事がゼロになって死ぬ

アニメ版の声優が癌で死んだやつだっけ?
当時やじうまワイドのニュースで見た記憶がある
一度でも脚光を浴びただけまし漫画家の9割は何一つ良い事なく死ぬ
当時は貧乏やセコさを笑う余裕があったんだよね
今は無理
ステマとは違うけど
明らかに誰かがバックにいてそういう売り出し方してるのが見えてくる
たとえばちばてつやとか藤子Aとかもう全然マンガかいてないような人もいるけど
落ちぶれた感はないよな
あの小林よしのりでさえ最近雑誌に描いたおぼっちゃまくんは絵柄が変わって観るのがつらかったもんな・・。
ギャグはまあまあ面白いけど昔の破壊的な面白さはなりを潜めた感じ。
どんどん描いてリハビリして面白くなってほしい
ラチェット&クランクの漫画とか描いてたな
メガバガボーイズという漫画があって下品を越えた下品で小学生ながらゲンナリした
バブル味わったんだから年取って貧乏でもいいだろ。
今の若者なんて、生まれた時から不景気と言われ続け
賞与も税金とか引かれまくるし、夢も希望もあったものじゃない
こしたてつひろってスゲーな
何世代もの少年の心を掴んで離さない
いまだに連載してる浦安鉄筋家族の凄さよ
こち亀は真面目な回もあるからな
徹頭徹尾ギャグ漫画って時代もあるし結構短命
じじぃなんだから大人向け雑誌で描けば
毒吐くブラックユーモア系で
つるピカでやっちゃえよ
LINEで送る はてな


コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント