富士急行線 富士山駅付近で事故 踏切で電車と車が衝突し大破 山梨県富士吉田市松山

富士急 列車と車衝突女性けが

19日夜8時すぎ、山梨県富士吉田市の富士急行線の踏切で、列車と乗用車が衝突し、乗用車を運転していた女性がけがをして病院に搬送されました。

19日夜8時すぎ、山梨県富士吉田市新西原の富士急行線の踏切で、河口湖駅発大月駅行きの普通列車と乗用車が衝突しました。
この事故で乗用車は大きく壊れ、運転していた女性が頭から出血して病院に搬送されましたが意識はあるということです。
列車の乗客・乗員あわせて30人に、けがはないということです。
警察が事故の状況を詳しく調べています。
この事故の影響で、富士急行線は午後8時16分から富士河口湖町の河口湖駅と富士吉田市の富士山駅の間の上下線で運転を見合わせています。
事故を目撃した男性は、「踏切の中に車が止まっていたので非常停止ボタンを押そうとしたが、列車が通り過ぎていき、危ないと思って自分の車に避難した。ドーンという音がして列車と衝突し、車と遮断機が飛んできた」と話していました。

http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20160919/5817102.html


LINEで送る はてな


コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント