国道220号 磯脇川の橋が崩落 原型がほとんどない 垂水市牛根麓

鹿児島県垂水市の牛根麓地区で国道220号線の橋が流され、国土交通省は橋の周辺のおよそ15キロの区間を通行止めにして復旧作業を急いでいます。

国土交通省大隅河川国道事務所によりますと20日未明、垂水市の牛根麓地区を流れる磯脇川にかかる国道220号線の橋がなくなっているという通報が住民などから寄せられ、職員が現場を確認したところ、長さ7メートル、幅12メートルほどのコンクリート製の橋が橋脚の一部を残して流されていたということです。
国道220号線は、橋の周辺のおよそ15キロの区間で午前2時過ぎから通行止めとなっていて、国土交通省では復旧作業を急ぐことにしています。
現場付近では、降り始めからの雨量が200ミリを超えていて、国土交通省では、川の急激な増水か土石流によって橋が流された可能性があるとみて、橋が流された状況などについて調査しています。

http://www3.nhk.or.jp/lnews/kagoshima/5055780484.html

%e5%9b%bd%e9%81%93220%e5%8f%b7-%e7%a3%af%e8%84%87%e5%b7%9d%e3%81%ae%e6%a9%8b%e3%81%8c%e5%b4%a9%e8%90%bd-%e5%8e%9f%e5%9e%8b%e3%81%8c%e3%81%bb%e3%81%a8%e3%82%93%e3%81%a9%e3%81%aa%e3%81%84-%e5%9e%82


LINEで送る はてな


コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント