鹿毛陽子 逮捕 カードショップあんしんどうの店長で毒物混入で夫を殺人未遂 宇都宮

 30日、殺人未遂の疑いで逮捕された宇都宮市の鹿毛陽子容疑者(33)。警察によると、鹿毛容疑者は焼酎のパックの中に毒物を混入させ、夫を殺害しようとした疑いがもたれている。鹿毛容疑者が使った毒物は「トウゴマ」という植物だった。

 トウゴマとは、熱帯地方が原産の植物で、種からとれる油は「ひまし油」と呼ばれ、工業用として流通している。ただ、東京薬科大学の三宅克典助教によると、「(種を)搾ったカスには猛毒が含まれている」という。

あんしんどう

:
カードショップ「あんしんどう」

トレーディングカードは様々な種類があるが中でも人気なのがヴァンガードと遊戯王カード。遊戯王カードは1999年に商品化され大ヒット。販売枚数は251億枚を超え2011年にギネス世界記録に認定された。

:
店長は元自衛隊員で、20歳で結婚し22歳で退職した。鹿毛さんは2人の子どもを育てる専業主婦でアルバイト時代にトレーディングカード販売に関わり興味をもった。

準備の合間に子どもの世話をする鹿毛さんは今回開店する店「あんしんどう」の名前について、父・八木澤功さんが営んでいた店の名前を受け継いで付けられた。開店まで残り2週間。

開店2時間で客席は埋まり、中古カードや飲食可能も集客効果に一定の効果をもたらしたが、予想以上のお客さんで温度が上昇。エアコン設置が間に合っておらず、扇風機を2台購入した。初日の売上は7万6420円という結果になった。


LINEで送る はてな


コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント