9/28 東武東上線 志木駅 人身事故 人が間に挟まっている

東武東上線・志木駅で人身事故 ホームから線路内に入った男性、はねられ重体 最大10分の遅れ/新座

 28日午後2時10分ごろ、新座市東北2丁目の東武東上線志木駅で、同市の無職男性(79)が池袋発森林公園行き準急列車(10両編成)にはねられた。男性は全身骨折などで重傷を負った。

 新座署によると、列車が駅に進入する際、男性がホーム上から線路内に立ち入ったという。乗客、乗員にけがはなく、同線に最大10分の遅れが出た。

http://www.saitama-np.co.jp/news/2017/09/29/01_.html

すごいブレーキ音 やな予感…と思ったらやっぱり人身事故でした…
被害者の救出作業
志木駅で電車とホームの間に人が挟まってる
志木の下りホーム2本あるうちの1本を使って運転再開させるとのこと


LINEで送る はてな


4 Responses to “9/28 東武東上線 志木駅 人身事故 人が間に挟まっている”

  1. のぞみ より:

    飛び込む野郎本当どうにかしてほしい。ホームにいる人にも乗客にも危険を与えてるのわからんか?

    こういうのには苦情言っていいと思う(飛び込む野郎に)

  2. 匿名 より:

    今は立体交差になってるけどな、昔の東上線の志木から朝霞台、朝霞にかけて人身事故が多発する魔の踏切が複数あったんだ。深夜、終電のあとに亡者を乗せた電車が走る「お化け踏切」とかね・・・

    その他にも東上線の沿線には新河岸とか怖いところが多いよ。

  3. 匿名 より:

    >被害者の救出作業
    とかtweetしてるバカ
    被害者はどっちかよく考えてみろ!とな

  4. 匿名 より:

    >東上線また人身
    >運転見合わせ

    >東上線また人身事故。火曜に続いて今日もか!

    フッ、この程度で東上線人身多いとかツイートしてる平成生まれの甘ちゃんはこれだから困る。昔、東上線沿線に新興住宅がボコボコ建設されてた時代は凄かった。連中は真の東上線の怖さを知らねえ。

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント