10/1 阪和線 富木駅 人身事故 ホームから男性が転落した

視覚障害者か 駅ホームから男性転落、はねられ死亡 大阪

 1日午後9時25分ごろ、大阪府高石市取石2のJR阪和線富木(とのき)駅ホームから男性が転落し、天王寺発和歌山行き快速電車(8両)にはねられた。男性は全身を強く打ち、搬送先の病院で死亡が確認された。現場では、男性が使っていたとみられる白杖(はくじょう)と身体障害者手帳が見つかっており、大阪府警高石署は視覚障害のある男性が誤って転落したとみて調べている。

 同署などによると、男性は50代前後とみられ、転落する様子が防犯カメラに映っていた。ホームには当時、駅員はいなかったという。点字ブロックは設置されていたが、転落防止用の柵などはなかった。事故の影響で上下15本が運休し、16本が最大約80分遅れた。

http://mainichi.jp/articles/20171002/k00/00m/040/152000c


LINEで送る はてな


One Response to “10/1 阪和線 富木駅 人身事故 ホームから男性が転落した”

  1. 匿名 より:

    何、視覚障害者が転落だと!?それは問題だな。点字ブロックの配置に混乱を招く箇所がなかった検討せんとな

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント