3/3 長野電鉄長野線 善光寺下駅〜本郷駅間 人身事故 第4種踏切ではねられ死亡した

長野電鉄で事故、6時間半不通 通勤通学に影響

 3日午前6時27分、長野市三輪8の長野電鉄長野線「五所久保踏切」付近で、女性が電車にはねられた。長野中央署によると、長野市の女性(46)が脳挫滅で死亡した。警察による実況見分などの影響で、同線長野―須坂間は約6時間半にわたり運休し、同日午後1時に運行を再開した。朝の通勤、通学時間帯の列車が運休したことで、多くの人に影響が出た。

 現場は本郷駅から300メートルほど西側にある、遮断機や警報器がない「第4種踏切」。同署によると、同6時21分に長野駅を出発した信州中野行きの列車が、五所久保踏切付近の線路上にいた女性をはねた。乗客、乗員にけがはなかった。同署は女性は自殺した可能性が高いとみている。

 長野電鉄運輸課によると、事故を起こした列車は3両編成で、乗客約200人、男性の運転士1人が乗っていた。

 国土交通省によると、第4種踏切で死亡事故が起きた場合、運輸安全委員会の調査対象になる可能性がある。同課は調査に備えるためとし、現場にとどめておいた事故車両を3日午後に現場から動かした。

http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20160303/KT160303FSI090017000.php

踏切りで女性はねられ死亡

 3日午前、長野市の長野電鉄の踏切で女性が列車にはねられて死亡し、警察は女性の身元の確認を急ぐとともに事故の原因を調べています。
この事故で、長野電鉄は長野駅と須坂駅の間の上下線で運転を見合わせていて今のところ再開の見通しは立っていないということです。

 3日午前6時半ごろ、長野市三輪にある長野電鉄の善光寺下駅と本郷駅の間の五所久保踏切で女性が下り始発の信州中野行きの普通列車にはねられ、現場で死亡が確認されました。
列車に乗っていた乗客・乗員およそ100人にけがはないということです。
 
 長野電鉄によりますと現場は、警報器や遮断機のない幅1.8メートルの踏切で、警察は、女性の身元の確認を急ぐとともに事故の原因を調べています。

 この事故の影響で長野電鉄は、午前10時前から長野駅と須坂駅の間の上下線で運転を見合わせていていまのところ再開の見通しは立っていないということです。
現場は、長野市役所から北に1.5キロほどの住宅街です。

http://www3.nhk.or.jp/lnews/nagano/1013375941.html


LINEで送る はてな


コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント