死亡の男性、事故当時は線路上に 近鉄京都線の事故、20本運休、40本に遅れ

 京都市伏見区の近鉄京都線上鳥羽-竹田駅間で17日夜、男性が大和西大寺発京都行きの普通電車にはねられ死亡した事故で、男性が事故当時線路上に立ち、両手を横に広げて立ちふさがるようにしていたことが17日、京都府警伏見署への取材でわかった。同署は男性の身元確認を急ぐとともに、事故原因を詳しく調べている。

 同署によると、普通電車の運転士が線路上に立っていた男性を発見し、ブレーキをかけたが間に合わなかったという。

 近鉄によると、事故の影響で京都線の上下計20本が運休、計40本が最大約45分の遅れとなり、約1万3千人に影響した。

http://www.sankei.com/west/news/160517/wst1605170126-n1.html

https://twitter.com/yamappi_dc75/status/732525967026081793
https://twitter.com/yamappi_dc75/status/732532261913034752
https://twitter.com/hoshimono_uk/status/732531411723259905