1日午後0時半ごろ、川越市砂の東武東上線新河岸駅構内で、池袋発小川町行き
下り急行電車(10両編成)が、線路上にいた男性をはね、男性は全身を強く打って、間もなく死亡した。

川越署によると、男性は50~70代。同駅は急行が停車しない通過駅。身元の確認とともに、
自殺と事故の両面で原因を調べている。電車は同日午後1時35分、運転を再開した。